不正請求問題等に関する
国への要望
@取り扱い者が急増すると、不正請求額も急増すると証明されていた
日本の欠陥保険診療報酬請求制度「出来高払い制度」。

柔道整復師(接骨院・接骨院))は、郵政改革同様、無秩序な
雇用促進対策の一環に組み入れられ急増しています。

一日も早い、現行の欠陥診療報酬請求制度の改革を要望します。

A高齢者医療も含む医師による医療費の高騰で、被保険者の納める毎月の
健康保険税も高騰し、一般家庭の家計への負担が大きくなった現在。

実費で希望する治療を受けられなくなった方々も急増しています。

皆保険制度とは国民の為のものです。
医科だけが保険診療で、柔整・鍼灸だから医師と同じ保険適応は出来ない
という時代ではなくなりました。

保険診療上、法的に医療であろうと代替医療(鍼灸院・接骨院)であろうと
差別のない保険制度改革を要望します。

B一日も早く、柔道整復師・鍼灸按摩マッサージ師の養成人員を
計画性のあるものにしてください。悪戯な過当競争は資質の低下
を招くだけです。



平成12年の福岡地裁の判決以降、雇用促進対策の一環として

組み込まれた鍼灸柔道整復師の養成学校は

日本各地で乱立状態となり、柔道整復師(接骨院)は急増しています。

しかし、供給のみ一方的に増加させ、肝腎の需要対策は、むしろ意図的に

妨害されているのが実情です。

たとえば、柔道整復師の介護施設への専門家としての参画。

障害者教育現場における教師支援専門家としての参画。


欠陥診療報酬請求システム「出来高払い制度」下にある、不正請求は、

取り扱い者数の増加に比例して増加することは

専門家(心理学者・統計学者)の間では予測出来ていたことです。

しかし国は何ら対策を採らず、欠陥診療報酬システムの問題には

いっさい触れず接骨院・整骨院(柔道整復師)のみを犯罪者扱いに

している健康保険組合の広報活動を、結果として支援し静観の構え

です。

このままでは、国は不正請求の全責任を柔道整復師(接骨院・整骨院)

に転嫁し、犯罪者集団との烙印を押し、このまま柔道整復師の保健

適応を廃止に持って行くのが目的と思われてもしかたがないと思います。

薬剤療法中心という日本の風土の中で、多くのハンデを背負わされ、

外傷運動器疾患という専門性を堅持しながら、世界的に評価の高い

薬を使わない代替医療も守りつつ、長年に渡り地域医療の一翼を

担ってきた接骨・整骨院です。

一日も早い国の迅速かつ適切な対応を希望します。

より良い医療を、日本国民が希望する医療を保険診療で選択できるよう

情報公開制度の確立を始めとした医療改革も要望します。

国民の皆さん、薬を使わない医療を、この国で長年に渡って守ってきた

鍼灸・按摩・柔道整復師を応援してください。


「小泉・竹中政権時代の接骨院 鍼灸院にも及んだ規制緩和政策は
平成17年頃より多発した過誤・観光バス事故多発により失政であった
ことを証明」


平成25年からNHKでも報道の始まった降圧剤保険新薬を

巡る詐欺事件。

おれおれ詐欺師たちも思わず敬礼平伏してしまう

製薬会社と錚錚たる医学部 全国の医師協賛の保健新薬降圧剤をめぐる

総額1兆2千億の血税詐欺事件。



日本の医療行政は、過去の教訓を活かせない

どうも後手後手政策制度、本末転倒医療行政

が相変わらず継続されています。

伝統医療針治療などを頭から非科学的に否定する前に

歴史の無いアメリカに先を越されないように、

最先端医療を取り入れる前に


★どの医療が、どんな伝統医療がより良いもので、

問題のあるものなのかないのかを、

多くの犠牲を払う前にアメリカのように絶えず検証できる


オープンな公開医療行政制度、「医療情報公開制度」

の制定
を期待しています。



柔道整復師 接骨院 整骨院のように失政により過当競争に

追い込まれ金欠になると、また、日本の医師のように金まみれに

なっても、不正発生率、過誤発生率は同様に上昇します。

(心理学や観光バス事故増加がそれらを証明しています。)


要は、資格者を取り巻く、業に囚われやすい人間の欠点を

補う、より良い環境づくり、制度作りが大切なのですね。


医療情報に一日も早く公開制度の適応を望みます。

蛇足:
安倍首相も同じことを提唱されていましたね。

これまで通り利権優先か、

それとも、密室医療から欧米並みの裏表の無い、

オープンな国民の為の医療へ転換か!!

お手並み拝見と行きましょう。

前の画面に戻る場合は画面左上の戻るをクリック又はタップ!!