誰にとっても迷惑な おかしな 
          日本的な針きゅう保健制度?
日本の常識は世界の非常識?
以下の情報は大変刺激の強いものです。
心臓の弱い方は目をつむってご覧になってください。
??


「針きゅう治療保険同意制度」
異名を「開業針きゅう師リストラ制度」

社会常識の無い不条理な制度
1986年4月制定され施行され現在にいたっています。


なぜかと言いますと、

@医師はプライドの高い医療界のリーダーであり
 
 唯一科学的な医療を国民に提供する存在だという偏った
 
 教育。
 
A民間医療伝統医療はまやかしだという教育。
 
B手術以外の保存療法では薬以外の保存療法:伝統医療
 
 は認めないという教育。 
 
C平成の現代では、世界的免疫学者達 日本では 
 
 安保 徹医師らが、その医療効果を認める針きゅう治療。
 
 その治効理論の一つ、自然治癒力回復力という生理学に関する
 
 教育を受けておられない大多数の医師達

★当然 知識も経験も無いばっかりに


★薬を使わない
針きゅう治療ツボ医療の効果を

大多数の方々が誤解され異端視し偏見を持たれていた

のです。


そんな大多数の日本の開業医の方々の同意が、

針治療を保険を使って受診されようとすると

必要になるという、とんでも無い制度です。



★この制度を取り決めた方々は、スポーツ音痴の方が

多かったのでしょうか、学歴は高くても

きっとフェアプレイを理解できなかったのでしょうね。


言い換えるなら

地域医療で尽力されている、そして、
薬を投与するのがお仕事のお医者さんたちに

あなたの薬が効かないから針治療の同意を
お願いしますと口に出すか出さないかは別にして
患者さん達に伝えさせているような大変迷惑な制度
です。
(責任者出てこい!!てな制度です。)

我々も,真面目なお医者さんたちにも迷惑な制度ですね。
現在は、アメリカが針治療の医療効果をみとめて
以降、
日本でも医療機関で針治療を採用される
所が益々増えてきました。




しかし、同制度は改正されることもなく継続中です。
現在は医師に
「あなたの針治療も薬も効かないので
別の針きゅう院 針きゅう接骨院で針きゅう治療を
受けたいので同意をお願いします。」と患者さん
に言わせている益々迷惑な制度
でしょうか。

我々 鍼灸師 柔道整復師は針治療同意依頼のために、
逆立ちをしても製薬会社がしているように
医師に5000億円なんて毎年支払いできません。
(毎日新聞平成27年4月1日朝刊より)

(シロアリ出てこい!!てな制度でしょうか。)

★そのような社会的常識の無い工作制度が長年継続され

かって
薬害エイズ事件で薬害の主因は政・官・財・医癒着にあると断罪され

たにもかかわらず、平成の現代では、その癒着度は益々増強されたのか

民放各社は製薬会社 サプリメントメーカーには逆らえません。

しかし、NHKまでもが、人気番組「朝いち」で、医師を登場させ

高血圧診断基準を135以上 副作用のデパートと異名のある降圧剤を

安全で、あたかも一生飲み続けて問題ないという、明らかに嘘の情報

を、国民に向けて流すしまつ。

今や、
テレビ・マスコミも加わり政・官・財・医・マ癒着体質を構築





欧米医療行政先進国では、癌治療にも代替医療の一つとして

針きゅう治療がヨガ・気功などと共に採用され、日本と違い

癌死亡率低下に貢献しています。

しかし、後進国日本では、「欲張り村の村長たち」が医療行政を牛耳り続け

薬を使わない伝統医療は、益々正当な評価が受けられない状況になって

いるようです。

なぜか、お分かりですね。


前の画面に戻る場合は画面左上の戻るをクリック又はタップ!!